2007年10月15日 (月)

初心に戻り

これから数年話題になるのは、「食育」だろう。

子供の自殺、子供への虐待、実子による親の殺害、数十年前なら考えられない事件が、毎日のように報道にあがっている。これらは、社会を構成する基礎である家庭崩壊が原因である。

子供が、親の愛情を受けていない為だと考えています。

子供の生活環境は大きく二つに分けられる。学校と家庭である。学校の中でいじめられても、家庭環境が良ければ自殺は避けられる。家庭と言う生活環境が、その存在を必要とするなら、けして自分の存在を否定することはない。

自分に注がれる深い愛情を感じていれば、その深い愛情に反する行為、自殺をするだろうか?答えはNOだ。赤子は教えなくても、見ているだけで学ぶ。

笑う時、顔のどこの筋肉を使うのか。

話をする時に、舌をどうすればよいのか。

子供に愛情を注ぐとはどういう事なのか。

意識しないで行うことの多くを、周囲の大人の行動を見て学ぶ。理屈で説明しにくいことも見てるだけで、たやすく学ぶのである。

」は、生きることに直接関わる事です。生命の維持に欠かさない、最も重要な行為です。それを与えてくれるのは、親であったはずです。赤子のときには母乳で、少し大きくなれば、手間隙を惜しまず手作りされたものが親から与えられていた。子供達は、その親の行動を見て、接することで親の深い愛情を感じ取っていた。

不器用な親の作る料理でも、無口で忙しくほとんど家庭にいない親父との生活の中でも、親の愛情を感じながら生活していた。

ところが高度経済成長期頃から、子供の幸せをお金だけで評価する親達が増えた。多くのものを与えることが親の務めのように振る舞い、料理を作る手間隙を惜しみ、たまの休みを接待に使う、経済活動を重要視する。

子だもたちは敏感である。

親達の変わりようを、頭でなく皮膚で感じ取る。自分達の「」に掛ける時間を削り、経済活動に費やす母親。自分達との時間より、接待に時間を注ぐ父親。そんな生活の中で、親の愛情がかすんでいく。

今の親の愛情が極端に減ったと言うのでなく、その前の親の時代から、親の愛情を感じられない子供が増え、親の愛情を感じられない子供達は、その子供達にも愛情を注げなくなる。こうした行為が次第に、世代を重ねることで子供を孤立化させた。

現に自殺する子供の親達は、一緒に生活しながら自分の子供が自殺するぐらい悩んでいた事に気がつかなかったんだろうか?学校のせいにする前に、どれだけ子供の方を見て生活していたのか疑問である。また、自殺の原因に揚げられるいじめ問題だが、自分達が、子供の頃にも似た様なことがあったと記憶している。

いじめにあい辛い思いをしたからといって、死を選ぶか?

また、現実にその行為に及ぶか?

ある程度自立した子供だから考えることです。ならば、自分が行動を起こした場合、周囲の人がどんな気持ちを持つかも考えられる年です。自分に深い愛情を注ぐ親がいれば、親が悲しむくらいは十分に理解できる。多くの場合、そこで悩み思いとどまっていたはずである。

自己の確立が出来る頃「自殺」を考えることがよくあることで、それを実行するか、思いとどまるかは、注がれている愛情の量で決まるのではないだろうか?いじめ問題にとられがちだが、それは引き金に過ぎずもっと深いところに原因があるのではないか?

また、子供への虐待だが、動物としても考えにくい行動です。しかし、私の子供の頃だから数十年前に、動物園で飼われていたサル(違ったかも?)が、自分の子供をオリに投げて殺してしまったことが記事で掲載されてました。その親ザルは、人により飼育されたサルでした。

愛情を受けずに(貧しい愛情)育つと、愛情表現が出来ないばかりか愛情をもてなくなるのではないでしょうか?

現実として当店では、安全性から化学調味料を使用してませんが、お客様の中には「そんなことどうでもいいからうまいものを出せ!」と強く主張する方がいます。年齢は40歳半ばで、小・中学生の子供さんがいられるぐらいの方が多いだすね。

知識として「化学調味料が絶対安全である」と言い切れる人はいないでしょう。「絶対でないが今まで問題にされていないので安全だろう。」と言う人がほとんどだと思います。独身で自分に関わることだから安全より、味を選ぶのなら理解できます。しかし、自分の家族に、安全でないものを食べさせることを望むのはどうでしょうか?

選択権がなくそれを選ぶしかない時代ならともかく、食の安全を考える料理人が出だしている今、子供達に少しでも安全な食べ物を食べさせたいと思うのが普通ではないでしょうか?それが証拠には、母親つまり女性の方は関心をよせる方が多いです。

食育」は子供に向けられる言葉でなく、大人に向けられる言葉です。「」が人生にもつ重要性を理解し、その大切さを子供達に伝える。言葉による教えでなく、自分の行いそのものが子供に伝わります。これが「食育」だと考えます。

今の社会問題は、「」を正すことで多くが解決されます。食品会社の偽装問題も、「」の重要性を理解していれば起こらないことです。「」を軽んじるから、いい加減な表示でも罪悪感なく行えるのであり、重要性を理解したら出来ることではありません。

生きることに最も重要である「」に関して偽り・うそを言える人間が、ほかの事で偽り・うそを言うことにタメライがありましょうか。「」を正すことで、歪んだ社会も直せると信じています。

       最後までお付き合いしていただきありがとうございます。

今年の初めに書いた日記です。

「食事の大切さを再確認するように進める。」が今年のテーマでした。

多くの所でも「食育」について語られるようになってきています。そして、何処のところでも、食事の大切さを再確認することをうたっていました。

自分が思っていたことが、間違っていないことを感じています。また、少し初心を忘れていたような所もあり反省です。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ     ブログ広場

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月 8日 (月)

隠された真実。

「小子化」問題は、日本国の存続に関わる大きな問題で、国会をはじめとする多くの所で取り上げられている。

若い夫婦がたくさんの子供を育てられるように、国・地域が経済的に援護するシステムも考えられている。

しかし、私が考えるに、経済的問題より将来への不安が、大きな問題ではないかと考えています。

動物は餌が豊富で安全な環境の中では、多くの子供を生み種族の繁栄に勤める。しかし、餌場を失い餌が少なければ、生まれてくる子供の数も少ない。

人も動物であり、認識していないが感じている所があると思う。

そんななかで、環境問題、食品の安全、環境ホルモンetc行き詰った現状が子孫を安心して作る環境にないことが、小子化の本当の原因だと思っていました。

そこにとんでもないニュースが飛び込んできました。

現在の若い夫婦は、子供を作らないのでなく、作れないと仮説です。

情報の発信元は、今年の夏の参議院選挙で、民主党参議院全国比例区公認のはたともこさんのブログです。

食品メイカーは、テレビ等のスポンサーになっているので、テレビではスポンサーに都合の悪いニュースが流れないことを我々は意識しなくてはならない。

我々の安全は、誰かが保障してくれるものでなく、我々自身が自ら絶えず努力することにより得られる。それが生きることで、それは太古の昔から変わっていない。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ     ブログ広場

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年9月24日 (月)

世の中が動いた!!

P9240115 近いくのスーパーで購入しました。

有機素材を使用していますが、値段は100円台で購入可能です。数年前なら、自然食品専門のお店でなければ、購入できなかったと思います。

店内を見ても、オーガニックのコーナーが設けられていたり、お味噌のコーナーで、だし入り味噌の売り場より、無添加味噌の売り場の方が広くなっています。

ここ数年話題になっている、「食育」の考えが浸透して、食の安全を考える消費者が増えている現れでしょう。

確実に動いています。

「食の安全」は、これから多くの人に支持され、更なる広がりを見せるでしょう。今まで問題視されていない分野にも、多くの人が注意をするようになるでしょう。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ     ブログ広場

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月20日 (木)

毎月19日は「食育の日」

財団法人 日本食生活協会が提示してます。

「家族そろって1日1回は、食卓を囲みましょう。」

お父さん、お母さん忘れてませんか?

食べることは生きることの基本です。

「食育」は改まって取り組むものでなく、毎日の食卓から自然に学び身についていくものです。

「何」をどのように食べて育つかは、勉強や遊び、運動をするのと同じように子供達の成長に関わるとても重要なことです。

家族そろって囲む楽しい食卓は、家族の貴重なコミュニケーションの場になります。朝・昼・夕の規則正しい食習慣、季節感のある旬の食材、箸や茶碗から知る日本の食文化、そして、ご飯を中心とした日本型食生活を通して生活習慣病の予防と食料自給率の向上に努めましょう。

本物の調味料を使い、旬の素材を使い、家族そろって食卓を囲みましょう。

最高の調味料は愛情です。子供の将来を気にかけ、一生懸命作られた料理は、どんな高価な料理より優れています。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ     ブログ広場

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年7月14日 (土)

ダンボール入り肉まん

最新のニュースで、中国で売られていた肉まんの中にダンボールが入れられていたというのがありました。

ダンボールを有害な液体で溶かし柔らかくした上で、脂身と混ぜ豚の粉末香料をまぜて出来上がり。

まだ、安全基準が低い中国のことだと思いがちですが、「食品の裏側」の著者、阿部司氏の話とダブります。

阿部氏が会社を辞めて、消費者の知らない食品の裏側を暴露するきっかけになったのが、味のしないクズ肉に添加物を加え作ったミートボールを、自分の子供達が良く食べている事実を知ったことでした。

作る工程を知っているだけに、使われている素材、加えられる添加物、食欲をそそる商品でないことを誰より知っているから、そして、それらを一番大切な子供達が口にしている事実。

ダンボール入り肉まんと差ほど変わらないことが、日本でも起きていることです。

添加物を使うことで、簡単に消費者の満足する味を作り出します。それも安い材料で作れます。現に、中国のダンボール入り肉まんのお客さんからの評判は良く、一日数千個売れていた人気商品のようです。

安い材料で、お客さんから喜ばれ売れることは、商売をする側からすれば一番望むことです。その事実を知れば、どこの経営者も同じように添加物を使い商品を作るでしょう。

しかしその結果、本当の料理が衰退します。

料理とは本来、素材の味をより良く引き出す技術です。メニューに合わせて素材を選ぶのでなく、素材を美味しく食べるのに最適なメニューを選択するものです。

化学調味料をはじめとする添加物を使うと、材料に関係なく味を作れます。

それは料理の本来あるべき姿とは程遠いものです。

外食産業的には、既に化学調味料に汚染された商品が幅を利かせています。これから、各家庭に浸透し始めています。それも、その広がりは、知らされることなく進んでいます。

「お袋の味」がコンビにの、お弁当の味にならないことをいのります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月30日 (土)

社会の闇にメスを!<緊急警報>

合成保存料が市場から姿を消しています。

長期保存することで無駄がなくなるので、コストをやすく出来る一番簡単な方法です。

それが、ココに来て合成保存料が使われないようになってます。これは非常に良いことだと思います。新谷弘実さんの「病気に成らない生き方」に書かれているように、体内の腸内細菌の状況は健康を左右するものです。

その腸内細菌を死滅させるような合成保存料が体に良くないことは想像がつくからです。

しかし、怖いのがマスコミで取り上げられていないことです。

テレビ番組”あるある”の、でちあげはあれほど取り上げていたのに、体に害のある添加物に対して何にも報道していません。

納豆を食べても体を悪くすることはありませんが、合成保存料を大量に長期間取れば必ず体を悪くします。

法律でも合成保存料の使用は禁止されていないと思います。今は、自主規制という形で市場から姿を消しつつあります。

我々一般人には見えない真実があります。

それが、食べ物に関して事が多いでしょう。テレビのスポンサーに飲食に関する企業が多いからです。

本当に考えてください。

危険ではありませんか?

自分の子供に薦められますか?あなたが作っている商品。

子供さんが食べます。将来をになう子供です。

あなたの大切な人が口にします。

世の中で一番つらいこのは、一番大切な人が不幸になることだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年6月28日 (木)

緊急警報!!(食中毒)

もう少しで、今年も半分おわります。

この時期は食中毒に注意が必要です。

食中毒は、ふぐ・毒キノコなどの「自然毒」、メタノール・ヒ素などの「科学物質」によるものと、「細菌性」によるものです。

一番多いのが「細菌性」によるもので、<サルモネラ菌><病原性大腸菌><腸炎ビブリオ>の3つが有名です。

食中毒予防には

・細菌を食べ物に、つけない。

・細菌が繁殖しやすい状況にしない。

・食器・食材・人体についた細菌を消毒する。

この3つが重要です。

お客様の強い要求でも、お持ち帰りをお断りしています。これはお客様の事を第一だと考えているからです。ご理解の程、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 9日 (土)

トランス油脂の危険

トランス油脂の危険性は、世界で取り上げられている。

アメリカ・カナダ等でもその使用に規制がかかるそうだ。それに対して、日本ではどうだろうか?

アメリカ人の平均摂取量の半分にも満たないので、使用の規制はなく、表示の義務付けが検討されているようです。

しかし、ここでの安全は全ての人を器械のように同じに見ている。古来から油脂を多く摂取してきた西洋人と、油をあまり摂取していない日本人、体の反応の仕方が違うはずである。

また、個人差もあるはずである。油を吸収しやすい体質、吸収しにくい体質。

これはあくまでも卓上の計算です。

体の弱っている時と健康でいる時、これにより体の対応も違いがあります。健康体なら何でもない量でも、健康を害してる時ならどうだろう?

ましてや体の小さな子供達にとって、体の大きな大人たちを含めた数値でとられた平均値が本当に安全な数値だと言えるだろうか?

トランス油脂と聞きなれないものが、どうして規制できないんでしょう。飲食店を営業している私でも、トランス油脂を購入したこともなく見たこともありません。流通している多くの商品に添加物として使用されているようですが、どんな働きをしているんでしょう?

表示義務が出来れば、どんな商品に使われているかわかりますね。

私は多分、表示にトランス油脂と記載されていれば購入しないと思いますが・・・

にほんブログ村 健康ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

小から大・大から小

にほんブログ村 健康ブログへ

人は住みやすい環境を手に入れる為に、周囲の自然に手を加えてきた。自然と共存関係にある間は、それは上手くいっていた。しかし、自分の利益のみを追求した結果、自分自身の首を絞める結果となった。

洪水を恐れて作ったコンクリートの堤防は、そこに住む生物の生態系を壊し生物のすめない所に変えた。するとどうだろうか、澄んだ水が流れる小川がなくなり異臭を放つどぶ川へと姿を変えた。

結果的に、川が死に、海が死んだ。

その現状を目の前にして、人は初めて自分達の過ちに気がついた。自分達も生態系の一部であり、自然との共存なくして存続がないことを。また、目に見えない生物、微生物の働きを。

微細な生き物達が自然界には無数に存在し、我々が作り出した不都合な物質を分解し自然へ返していた。その微生物が存在しやすい環境は、植物が生い茂る昔の小川だった。だから、人口的なコンクリートの堤防を壊し、植物が根をはれる新たな堤防を各地で作り始めている。

人も地球上の生命体の一部であり、他の生命体が存続できない環境の中では存続できない。

これは事実であり、その真実に目を向けなかったことが、今までしてきた人類の誤りである。

これは、人から外(大)を見た世界であるが、同じことがうち(小)を見た世界にも言える。

体内は無菌状態が理想のように思われていたが、実際には、無数の細菌と共存関係にあり、細菌なしに人の生命の存続もない。

このことは、まだ今の医学会でも認めていないことかもしれない。しかし、人が理解できないことは無に等しいとしてきたことの多くが間違いであったと気づいてる今、まだ証明されていないから、関係ないですむ問題だろうか?

外(大)なる環境から自然との共存が大切であると認識しているなら、内(小)なる環境も自然との共存が大切であると考えるのが普通である。

体内に共存する腸内細菌を考えるなら、保存料などの化学物質が体に及ぼす影響を考えたら恐ろしいものである。また、水道に入っている塩素、残留農薬の体に及ぼす影響も恐ろしいものである。

昨今これらの考え方は、いろんな所で認められ始めている。

大手コンビニでも保存料の不使用を宣伝したり、有機野菜のコーナーがスーパーに置かれていたりして、身近に感じる所だと思います。また、うられている商品の原材料表示を見ても、保存料の記載されていないものを良く見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)